弁護士の存在意味

交通事故の加害者は、交通事故の被害者に対して、慰謝料や休業損害と言ったものを、損害賠償として支払いしなければなりません。実際に、この額がいくら支払いしなければならないか、あらかじめルールが決まっている訳ではなく、かなり難しい問題を抱えています。

実際に、慰謝料の相場などがあり、相場を参考することが出来ますが、相場はあくまでも相場に過ぎないです。相場を無視し、慰謝料の支払いがあったとしても、違法という訳ではありません。

これしか払えませんと言って、その場をうまく逃れようとしている保険会社が結構多く、弁護士という存在は、そのような保険会社と向きあって、しっかり仕事をしていかなければなりません。

弁護士に交通事故の解決を依頼することで、慰謝料増額の可能性があります。しかし、実際に弁護士に依頼したからと言って、100%損害賠償金額が増額されるということではありません。しかし、実際には多くのケースで、弁護士が介入することで、示談金額も増額されることが多いと言います。

保険会社には、弁護士を介さない場合に、どうせ裁判なんか起こせないだろう、弁護士費用がかかるからあきらめるだろうという思いがあるようです。交通事故において、弁護士の存在自体、かなり意味が大きいようです。

保険会社と交渉

保険会社も、商売をしているプロフェッショナルであり、プロフェッショナルと向きあう一番ベストな方法はといえば、やっぱり弁護士というプロフェッショナルが直接向きあうことではないでしょうか。収入(保険料)を増やし、支出(保険金)を減らさなくては儲けが出ないと愚痴っている保険会社には、なかなか素人対応は難しいです。段々と、そのような傾向が強くなって来たと言います。目には目を、歯には歯をという発想において、交通事故に遭ってしまったら、すぐに弁護士に依頼するモチベーションは大事であるかもしれません。

保険会社という存在は、誰にでもメリットある存在と思えば、大きな間違いであり、支払う損害賠償金を減らせば減らすほど、保険会社の儲けが出るというメカニズムになっています。

慰謝料や休業損害の額が法律でしっかり決まっている訳ではないということも、交通事故に遭ってしまた人たちが頭を抱える問題です。私達は、市場において、売買契約というものにあまりにも慣れすぎてしまって、ガムをスーパーマーケットで購入するとき、合意で、100円で購入することに双方慣れきっています。しかし保険会社ではそのようなルールがあてはまらないのです。

弁護士の仕事

交通事故は弁護士によって変わるとも言います。そのような人たちは、一体どのような仕事をしているのでしょうか。彼らは、法律のプロフェッショナルです。交通事故に遭遇してしまった人たちは、ほとんどの方々が、法律に対して無知なので、やっぱりまずは専門家に相談するモチベーションが正しいです。

専門家の役割は、訴訟だけということではなく、交渉で解決に至ることもあります。そのようなプロフェッショナルを前にして、すぐに訴訟をイメージしてしまうかもしれません。実際にそのイメージが間違いという訳ではありません。

地裁以上の訴訟代理権を持っているのも彼らです。訴訟という仕事が大きな割合を占めているのも事実です。しかし、そのようなプロフェッショナルは、裁判しか扱わないということではありません。紛争解決の方法は訴訟だけではなく、交渉による解決も存在していることは存在しています。

プロフェッショナルなる人たちが、代理人となり、交通事故の加害者またはその保険会社と損害賠償金額について話し合うというのも、プロフェッショナルの人たちの仕事の一つです。

そのとき、専門家に依頼するメリットはどのような点でしょうか。実際に交渉程度と考えるなら、被害者でも専門家に依頼しないでも出来ると考えるかもしれません。訴訟とは違い、そこに専門的知識もそれ程必要とはならないのではないでしょうか。交通事故という場合、加害者が任意保険に加入している場合には、保険会社が示談交渉をするのが一般的ルールなのです。保険会社も、商売でしているプロフェッショナルです。