弁護士の存在意味

交通事故の加害者は、交通事故の被害者に対して、慰謝料や休業損害と言ったものを、損害賠償として支払いしなければなりません。実際に、この額がいくら支払いしなければならないか、あらかじめルールが決まっている訳ではなく、かなり難しい問題を抱えています。

実際に、慰謝料の相場などがあり、相場を参考することが出来ますが、相場はあくまでも相場に過ぎないです。相場を無視し、慰謝料の支払いがあったとしても、違法という訳ではありません。

これしか払えませんと言って、その場をうまく逃れようとしている保険会社が結構多く、弁護士という存在は、そのような保険会社と向きあって、しっかり仕事をしていかなければなりません。

弁護士に交通事故の解決を依頼することで、慰謝料増額の可能性があります。しかし、実際に弁護士に依頼したからと言って、100%損害賠償金額が増額されるということではありません。しかし、実際には多くのケースで、弁護士が介入することで、示談金額も増額されることが多いと言います。

保険会社には、弁護士を介さない場合に、どうせ裁判なんか起こせないだろう、弁護士費用がかかるからあきらめるだろうという思いがあるようです。交通事故において、弁護士の存在自体、かなり意味が大きいようです。