保険会社と交渉

保険会社も、商売をしているプロフェッショナルであり、プロフェッショナルと向きあう一番ベストな方法はといえば、やっぱり弁護士というプロフェッショナルが直接向きあうことではないでしょうか。収入(保険料)を増やし、支出(保険金)を減らさなくては儲けが出ないと愚痴っている保険会社には、なかなか素人対応は難しいです。段々と、そのような傾向が強くなって来たと言います。目には目を、歯には歯をという発想において、交通事故に遭ってしまったら、すぐに弁護士に依頼するモチベーションは大事であるかもしれません。

保険会社という存在は、誰にでもメリットある存在と思えば、大きな間違いであり、支払う損害賠償金を減らせば減らすほど、保険会社の儲けが出るというメカニズムになっています。

慰謝料や休業損害の額が法律でしっかり決まっている訳ではないということも、交通事故に遭ってしまた人たちが頭を抱える問題です。私達は、市場において、売買契約というものにあまりにも慣れすぎてしまって、ガムをスーパーマーケットで購入するとき、合意で、100円で購入することに双方慣れきっています。しかし保険会社ではそのようなルールがあてはまらないのです。